もう洗顔もムリ・・疲れ切った夜は拭き取りタイプのクレンジングがおすすめ

メイクをした日には避けては通れないクレンジングをという儀式。

 

健やかでキレイなお肌を保つためには必要なこととわかっていても、毎日のこととなると大変なものです。

 

お仕事されている方ならば、大きな仕事で心身ともに疲れ切って帰宅した夜には、もう洗顔する気力も残っておらず、すぐにベッドにもぐりこみたい日もあるでしょう。

 

子育て中のママならば、運動会や発表会などでお疲れの日もあるでしょう。

 

お子さんが小さい場合はふだんの生活でも、ゆっくり時間をかけて鏡に向かってクレンジングする時間がない日もあるかもしれませんね。

 

疲れに耐えかねてメイクオフせず眠ってしまった翌朝に、ボロボロのお肌に手を当てて昨日の夜を後悔した経験が、誰しも一度はあるのではないでしょうか。
お肌によくないとわかっていても、ついおろそかにしてしまいがちなクレンジング。

 

ふだんはオイルやクリームタイプのクレンジング剤をお使いの方に、救済措置としておすすめしたいのが、拭き取りタイプのクレンジングです。

 

拭き取りクレンジングには大きく分けて、クレンジング成分を含んだシートタイプと、コットンなど含ませて使う水タイプのものがあります。

 

シートタイプは旅行先や移動中の車中などでも、場所を選ばず手軽に短時間で使えるので特に便利。

 

そういった用途に使うこともあり、ドラッグストアはもちろんコンビニでも、20枚程度の容量で比較的安価に入手できるのも魅力です。

 

水タイプは、コットンに含ませて使うのですが、シートタイプよりも一度に使う量を自分で調整できるところがよいですね。

 

使い方はどちらも、たっぷり目の量であまりゴシゴシこすらずに、優しく拭き取るようにします。

 

ポイントメイクは、シート(またはコットン)をしばらくの間のせて、クレンジング剤とメイクを馴染ませてからゆっくり拭き取るとよいでしょう。

 

ものによりますが、クレンジングのあとの洗顔が不要で、保湿までしてくれるものもあります。

 

ただし、拭き取りタイプはその名の通り、肌からメイクを拭き取るためどうしても摩擦でお肌に負担がかかります。

 

そのため、毎日のお手入れにはあまり向かないという意見もあります。

 

お肌の手入れアイテムとしては有名なドモホルンリンクルですが、ドモホルンリンクルは勧誘もあるので覚悟して使ってみたほうがいです。無料お試しセットだとしてもです。

 

こちらのブログなどによると、最近はドモホルンリンクルの勧誘はなくなったようですが、いちおう注意したほうがいいかもしれません。

 

ちなみに化粧品を変えるとトラブルが起こりやすい敏感肌の方は、かゆみなどがでる恐れもありますので注意が必要です。

 

確かにデメリットもある拭き取りクレンジングですが、メイクを残したまま一晩寝てしまうよりは、メイクだけでもしっかりと落とすことができるので、疲れた夜や忙しい時のお助けグッズにはもってこいなのではないでしょうか。

 

一日の終わりに、ゆっくりとお風呂につかり、ゆったりした気持ちでお肌のお手入れをするのが理想ですが、現実にはそれができない夜も多々ありますね。
時にはいつもどおりにできなくても、自分が許せる範囲で手抜きをするのも、明日の元気のためには必要です。

 

お気に入りの基礎化粧品やスペシャルケアの美容液のおとなりに、こっそりお助け拭き取りクレンジングを潜ませておいてみてはいかがでしょうか。